株式会社コーキは、住宅の基本性能を重視した、環境にやさしく、エコで家計にもやさしい
木の家づくりを通して、地域の皆様に快適と安全を提供致します。

株式会社コーキ

home

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

TEL 026-245-3743

8:30~17:30(日・祝は除く)

新着情報

Home > 新着情報

高断熱高気密住宅は家の導線においても自由度が高い

コーキ(投稿日:2015年09月28日)

もともと日本の住宅は、限られた面積の中にいくつもの部屋をレイアウトするために間取り

を細かく分けていました。

使用頻度の高い部屋が冷暖房され結果、部屋ごとに大きな温度差が生じます。

今までの日本の住宅の断熱レベルは世界基準から比べるととても低い基準であったので、

ヒートショックによる健康面のリスクは重大でした。

次世代省エネ基準を超える性能を持つ「パッシブハウス」が実現する「温度のバリアフリー

化」で

季節を問わず家の中での大きな温度差がなく、レイアウトの自由度が高まり導線計画にも

良い結果をもたらします。

「住まい手の想い・こだわりの家」の実現においてもオープンな間取りが自由度を持って

設計に反映できます。

「パッシブハウス」の基準

  冷房暖房負荷が核15kwh/u以下であること。

  住宅全体の一次エネルギー消費量が120kwh/u以下であること。

  気密性能として50Paの加圧時の漏気回数が0.6回以下であること。

  ※一般社団法人パッシブハウス・ジャパン公式HPより

pagetop